1st Single
トワイライト
2019.10.28 Digital Release
-----------
心象が紡ぎ出す「ここにはない何か」を昇華させたソングライティング・メロディを提示する。2019年結成、4人編成。
自主制作での体制で完成させた今作は、鮮やかに始まりを告げながらもどこか憂いを纏った色を覗かせる、エバーグリーンな作品となっている。

coemie, presenting song-writings and melodies that sublimates 'something that is not here', is formed in 2019 by 4 members.
The latest work, finished as a self-produced work, lets you feel the color telling the beginning vividly with a gentle breeze of sorrow.
-----------
Words & Music by 星銀乃丈
Arranged by coemie

    maharu  Vocal, Chorus
    星銀乃丈  Electric Guitar, Bass, Chorus
    たてべ なお  Acoustic Piano, Background Vocal, Chorus
    金子紫苑  Drums, Chorus

    Recording Engineer   MTF
    Produced & Directed by coemie
  
Official Video
    監督:阿部友紀子

    主演:茉優
       黄木悠斗
       星銀乃丈
       建部奈緒
       金子紫苑

    協力:藤原祐哉
  
LYRICS
トワイライト
作詞:星銀乃丈
  校庭まきあげた風が
  不意に頬をかすめた午後には
  胸にしまい込んだままの
  弱虫も藍色に溶けたよ

  間違ったコード鳴らした
  誰もとやかく言わないまんま
  不器用な嘘も本当も
  誰にも話せないな

  転んで擦りむいた足に
  流れ落ちた真っ赤な血が光を返していく

  紛れないように 放ってくれ
  褪せた瞳に何がうつるんだろう
  忘れてた夢や置いてきた希望
  ここまでは全て余談だ

  手のひら透かした空をかすめ
  放物線描き 吸い込まれてく
  思った通りの形じゃないけど
  少し笑えたから いいや

  横断歩道の向こう側
  森に横たわるビルの陰
  僕がどこにいるかなんて
  ごめんね 忘れていいよ

  数えてばっかりの毎日じゃ
  この笑顔にも気づけないよな
  なんとなくの鼻歌も言葉も
  色を変えて染め上げてくれ

  溢れるように 宙へ浮かんだ
  この足が向かう先で会えたんだ
  傷ついて初めて生きてるって
  わかったと言ったら笑うだろう

  手のひら透かした空をかすめ
  放物線描き 吸い込まれてく
  行き先なんてさ 何処でも良いよな
  返したボールが遠くに消えていく